news

2016/09/09 14:57

みなさんは、デカフェのコーヒー豆を飲まれたことがあるでしょうか。

 

 

デカフェとは、文字通りカフェインを特殊な製法によりできる限り抜いたコーヒー豆のことで、カフェインレスと呼ばれたりもします。デカフェのコーヒー豆であれば、通常、緑茶や紅茶以下のカフェイン含有量になるため、妊婦さんやお子さんでも飲めるコーヒーになります。

 

そんなデカフェのコーヒー豆ですが、国内には品質の高いデカフェのコーヒー豆が入ってくる機会があまりありません。ですが、今回は運がよくデカフェの上質なコーヒー豆を仕入れることができたので、当店で販売することになりました。

 

スペシャルティコーヒークラスのデカフェのコーヒー豆とは?

今回ご紹介するコーヒー豆は、メキシコのチアパス州で、「マウンテンウォーター製法」という処理法を使ってカフェインを抜かれたコーヒー豆です。一般的に、デカフェのコーヒー豆はあまり品質が高くないことが多いのですが、こちらのコーヒー豆はスペシャルティコーヒーと言ってもいいクラスの上質な甘さや酸味を備えています。

 

 

通常、スペシャルティコーヒークラスのコーヒー豆の国内流通量が5~8%程度と言われますから、その中でデカフェのコーヒー豆となると、その希少性はなかなかのものです。やわらかでまろやかな口当たりは、今までのデカフェのコーヒーとは全く違う体験をさせてくれるでしょう。

 

また、単においしいだけではありません。当店がオーガニック認証を持っていないため、オーガニックの豆とは名乗れないものの、こちらの豆は透明性の高い工場で作られているため"有機JAS認証"を取得しており、安心・安全なコーヒー豆なのです。

 

 

これまでデカフェのコーヒー豆にあまり良い印象を持っていなかったという方、あるいはまだデカフェのコーヒー豆を飲んだことがない方にはぜひおすすめしたいメキシコのコーヒー豆。ぜひ、安心・安全なデカフェのスペシャルティコーヒー豆を一度試してみてはいかがでしょうか。