news

2016/10/20 17:08

コーヒー器具やコーヒーマシンはいつも同じようなものが売られているように見えて、その時その時でデザインやカラーが大きく変わっていたりします

 

理由は様々で、「その形のほうが使いやすいから」「流行りのデザインに合わせたから」などはメジャーな理由でしょう。他にも「そのデザインの人気がなかったから」なんて悲しい理由で生産中止になった商品もあります。

 

意外と知られていませんが、各社の代表するドリッパーやミルクピッチャーもいつ買ったかによってデザインが異なるのです。たとえば、プロも使うことが多いラトルウェア(RW)社のミルクピッチャーの一つ前のモデル(画像左)は、注ぎ口に"反り"が付いていませんが、現行モデル(画像右)には反りが付いています。

 

 

ピッチャーの反りの有る無しは好みなのでいいのですが、問題は少し前の反りがないRW社のミルクピッチャーはもう手に入らない可能性があるということ。モデルチェンジ前の形にまた戻すこともありますが、もう二度とその形が発売されないこともあります。

 

ほかにも、大手のコーヒードリッパーメーカーであるMeliitaのドリッパーのデザインも、その時代その時代によって大きく変化しています。今でこそMelitaドリッパーの穴の数は1つですが、以前は4つ穴なんて時代もあったそうです。

 

※Melita Japan公式サイトより→http://melitta.co.jp/charm/melitta.html

 

このように、コーヒー器具は購入を悩んでいると、その間に全く別の商品になっていることもあるのです。

 

bonmacの限定カラーのグラインダー

そんな限定商品の多いコーヒー器具ですが、先日当店にもbonmac社から発売されているBM-250というコーヒーグラインダー(ミル)の限定カラーであるネイビーカラーが入荷しました。

 

 

このネイビーカラーは、メーカーの都合により生産中止が決定しているものであり、すでに生産されているもののみが販売されている状態です。復刻版がないとも限りませんが、今限りの限定カラーと言っていいでしょう。

 

もともとBM-250シリーズは、ドリップコーヒー専用のグラインダーとして家庭用では高性能な製品と言われ、時にはプロも使うほどの人気商品です。そのため、性能としては申し分ありません。インテリアとしてもぴったりな製品ですので、この機会に限定カラーのBM-250を使ってみてはいかがでしょうか。