news

2016/12/20 01:16

普段、coffee shop noteの本社は名古屋市内でコーヒー豆・器具の卸売やセミナーなどをしているのですが、イベントの時だけは臨時のスタッフに出店してもらい、noteのコーヒー豆を皆様に提供しています。

ただ、イベント出店をし始めたころは、まだまだスタッフとの意思疎通がきちんと取れていなかったり、来ていただいたお客様にどんな空間やコーヒーを楽しんでいただきたいかといったコンセプトがまだ漠然としており、上手くお店としての形が作れていませんでした

少しずつ変わり続けるイベント出店のテナント

今でも完全とは言えませんが、少しずつ試行錯誤を重ねてお店はマイナーチェンジを続けています。最近でも、イベントを重ねるごとに、「お客様にコーヒーを淹れている姿から楽しんでいただきたい」「ゆっくりコーヒー豆を見ていただきたい」といった思いからレイアウトや持っていくものを毎回変えてきました。

下の画像はどちらも岐阜市内で毎月第3日曜日に行われているサンデービルヂングマーケットに出店したときのものですが、2枚めの画像のほうがより何度も試行錯誤を重ねたあとに作ったレイアウトです。




なんとなくですが、下の画像のほうがお店自体の雰囲気が明るくなるように、そしてお客様が商品を見やすくなるようにレイアウトしてみたつもりです。その通りにできているでしょうか? 現場に行くスタッフと何度もあーでもないこーでもないと言いながら、少しずつcoffee shop noteは変わっています。

お届けするコーヒーやマフィン、ジュースなどもイベントに出店した際、毎回お客様のお好みを聞いて、「前回あの方はケニアの豆が美味しいと言われていたから、ケニアの豆を持って行こうかな」とか「名古屋市内では浅焼きのコーヒー豆も人気だったけれど、岐阜市内では深めのコーヒーが人気だからそちらのラインナップを増やそうかな」と考えています。

地域差だけでなく、お子様連れのお母さんが多いのか、ファミリーが多いのか、それともお1人様が多いのか、イベント自体の傾向を見ながら、いろいろな商品をゆっくり見てもらえるお店にするのか、多少商品が少なくともスピーディにお客様に提供することを目指すのかを考えていたりします。

今後は名古屋、岐阜以外の東海地区のイベントにも

今はまだ、名古屋市内や岐阜市内でのイベント出店がほとんどですし、定期出店しているのは毎月第3日曜日に行われる岐阜市のサンデービルヂングマーケットのみですが、今後は名古屋外の愛知県内のイベントや三重県など、近隣の東海地区のイベントにも少しずつ積極的に顔を出していこうかなと考えています。

店舗にお越しいただけた方にはお楽しみいただけるよう頑張りますので、ぜひイベントで見かけることがあればお立ち寄りください。