news

2018/05/15 13:54

普通のコーヒーよりも上質なコーヒーとして"スペシャルティコーヒー"という言葉は多くの方に浸透してきました。

コーヒー全体の流通量のなかでも約8%程度と呼ばれるスペシャルティコーヒーは、その専門店も増え、一般の人の目に触れる機会もかなり多くなってきたからです。

 
ですが、その"スペシャルティコーヒー"もすべてがすべて同じ品質というわけではありません。

いわゆるトップスペシャルティクラスにあたるコーヒーもあれば、ロースペシャルティと言われるようなものまで様々です。

 

今回、そんなスペシャルティコーヒーのなかでも、トップクオリティであると多くの人に評価されたコーヒー豆を入荷しました。

それが「ブラジル カチョエイラ ダ グラマ」です。

 

 

 

Taste of Harvest 出展豆

「ブラジル カチョエイラ ダ グラマ」は、Taste of Harvestと呼ばれる展示会に出展したコーヒー豆。

 


Taste of Harvestとは、スペシャルティコーヒーの国際審査会のひとつ。

Taste of Harvestに出展するためには、ブラジルスペシャルティコーヒー協会による2段階の審査を超え、一定基準以上と認定される必要があります。

つまり、Taste of Harvestに出展されただけで、すでに高いクオリティを持つスペシャルティコーヒーと呼べるのです。

 

良い意味でブラジルらしくない華やかなコーヒー

ブラジルのコーヒーと言えば、ナッツのような風味を持っていて、あまり酸味が少なくてバランスが取れた甘いコーヒーといった印象をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、「ブラジル カチョエイラ ダ グラマ」は、フローラルでベリーのような華やかな風味を持っており、明るい酸味を持った「いい意味でブラジルらしくない」コーヒー。「ブラジルのコーヒー」のイメージを持って飲んでみると、違いに驚かれるかもしれません。

 

ですが、カチョエイラのバランスがありながら香り豊かで、柔らかく、なめらかな口当たりを味わうと、「こんなブラジルもあったんだ!」という喜びの驚きにきっと変わることでしょう。

 

 

なかなかお目にかかれないコーヒー

スペシャルティコーヒーの展示会はいろいろな種類がありますが、Taste of Harvest出展豆にはなかなかお目にかかる機会が少ないでしょう。

 

当店でも、今回は30kgの生豆しか確保できませんでしたし、国内ロースターでも多くの数を確保している店舗は少ないと思われます。

 

単純に高クオリティというだけでなく、その希少なコーヒーの味をお楽しみください。